赤モモ柳生直子と相澤三千代による
アイアンガーヨガ勉強会

 アイアンガーヨガ勉強会とは、アイアンガーヨガメソッドについて、もっと勉強したいと自然発生的に集まったグループです。

 インド、プーナにあるアイアンガーヨガ研修所(R.I.M.Y.I)で学びたいけど、色々な理由で行くことができない、あるいは、アイアンガーヨガのメソッドについて知りたい、とにかくアイアンガーヨガに関することを何でも知りたい・・・そんな方々のために、本場プーナで研修してきた認定指導員が最新ニュースをお知らせします。

赤モモアイアンガーヨガとは

 アイアンガーヨガとは、正しい姿勢を基本とし、身体の方向性、 バランス、調和などを常に観察しながら アサナを行います。

 アサナを通して、まず自分自身の身体を知り、感じる心を養うことが大切です。精巧に造られた身体は原石であり、美しくカットされたダイヤモンドのように、 ヨガのポーズによって私たちの身体が光り輝くことを、
B.K.S.アイアンガー師は説いています。

身体に対して惜しみなく意識を注ぎ、観念ではなく、身体、心、呼吸 を一つに融合させていくことを目標とし、アサナを実践していきます。

赤モモ講師紹介
赤モモ柳生直子
Naoko Yagu

上級指導員(senior instructor)
「アイアンガーヨガ勉強会」代表。東京在住。

アイアンガーヨガ 柳生直子

青山学院大学卒業後、米マイアミにゴルフ留学。腰痛に悩む頃、来日中のB.K.S.アイアンガー師に出会い、1980年日本人として初めて、インド/プーナの道場で学び、以後、指導員として研鑽を積む。
又、ムンバイで日本のテレビ局クルーとの遭遇をきっかけに、以後海外ドキュメンタリー番組、情報番組やCNNキャスターとして活躍。
アイアンガー師との幸運な出会いから20余年、毎年欠かさず渡印しプーナで研修を重ねている。

赤モモ相澤三千代
 Michiyo Aizawa

Junior Intermediate Level 3
アイアンガーヨガ・インスティチュート南大阪代表
アイアンガーヨガ相澤三千代スタジオ代表

アイアンガーヨガ 相澤三千代

80年、B.K.S.アイアンガー氏の来日に立ち会い、繊細で力強いアイアンガーヨガのシークエンスに衝撃を受ける。 '89年、柳生直子らと共に、アイアンガーヨガの拠点であるインド・プーナの道場を訪れ、以来毎年1ヶ月間渡印。 現地で研修を重ねている。